医療費どんどん高騰―原因をもっと絞り込め2017/09/14 16:05

昨年も国民医療費が高騰した。今の医療費抑制策は明らかにおかしいからこうなったのだ。

有名なパレートの法則というものがある。医療費の場合に当てはめて考えると高額医療の順に並べて行くと2割の医療が8割の費用を占めていると言うことが予想される。この法則による対策が必要だ。

つまり国民全体が病院にかかり難くするよりも、数少ない高額医療を減らす対策をする方が効果的というものだ。

新たに高額医療になるような新薬、新技術は抑制する。既存の治療費より安く出来る新技術、新薬は奨励し優遇する。

新薬、新技術による医療費高騰を制限なしに行うと日本の国民皆保険すら危なくなるのだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック