緊急事態は医療崩壊の危険性がなくなるまで続けるべし2020/04/29 15:16

緊急事態宣言をいつまで続けるかが議論されている。

無荒老は医療崩壊の危険性がある間は続ける必要があると思う。

現在はなんとか持ちこたえているというのが実態だろう。下手に解除して再度感染増加したら医療崩壊になりかねない。

どのくらいで医療崩壊が無視できるようになるかは門外漢だから分からないがコロナに使えるベッドが全ての都道府県で可成りの比率で空いた状態になるまでに入院患者が減少することだろう。

そして現在フル回転で治療に当たられている方々が一息つけることも必要だろう。

少しデータが好転したからと言って解除を急いで再び感染が増加したら医療崩壊で手がつけられなくなる危険性があるだろう。

専門家の方は医療崩壊予防を考慮して総理に進言して頂きたい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック