徴用工債権2020/08/04 15:52

徴用工事件で差し押さえされた債権が現金化可能となった。

ただ、現実には現金化が出来ないのが日韓双方にとり望ましいのではないか。いつまで続くか分からぬが冷却期間に入ることだ。ちなみに匿名で購入するのは株式は企業に登録されるので不可能なのだ。

第一に債権を買い取ればこれに続く訴訟の債権も買い取らざるを得なくなるだろう。金はいくら掛かるが膨大な額になりかねない。

第二に日韓両国から恨まれるのは覚悟せざるを得ない。債権現金化すれば日韓関係は悪化するのが目に見えているのだ。

第三に今回のように株式であれば企業は恣意的にその価値を下げる手段をとるだろうと言うことだ。買ったメリットは減少するのを覚悟せねばなるまい。

つまり債券を買ってもメリットはあまりないだろうと言うことだ。無理して買うような代物ではなさそうだ。

現状では買い手が出ないのが望ましいと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック