トリチウム含むALPS処理水の放出2021/04/13 14:58

トリチウム含有のALPS処理水を海洋放出すると政府が決定したがその説明はデータ不足で不安一掃とは言いがたい。

第一にどのくらいの日量を放出する必要があるか分からない。これは現在も毎日出てくる汚染水から計算できるはずだ。排出する総量抜きでは議論するのには支障が出る。

第二に希釈する水をどう確保するかも示されていない。水を提供する側の理解を得るのは必要なことだ。水源が確保されねば計画は実施不可能だ。

第三に諸外国のトリチウム排出のデータと比較してない。これは他国に説明するのに必須だ。

第四に仕事が杜撰である東電に任せられるのか。大いに疑問だ。確実に仕事をさせる管理手段も考えねばなるまい。

全体として事故から10年経っているのに計画はお粗末だ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック