情緒を解しない奴が七夕を新暦にした2021/07/07 15:04

明治になって暦が新暦に代わったとき情緒に暗い奴が七夕を新暦にした。おかげでおかしくなったことが続出している。

7月7日は新暦では梅雨で大気は湿っぽく空はあまり澄んでいない。旧暦では秋となる。大気は澄んで星は輝きを増す。

新暦ではまだ日が長い。天の川はそんなに高い位置にない。織り姫はともかく彦星の位置は低い。旧暦では秋の日の釣瓶落としの時期で早めに暗くなる。しかも天の川は中天にかかる。織り姫も彦星も頭上になる。

七夕祭りを旧暦で行っているところがある。情緒を解するというものだ。

新暦で行うのが便利なのは幼稚園で夏休み前に行事ができるくらいだ。

七夕以外にも旧暦で行動する方が合理的なのは可成りある。この時期になぜと思ったら一度旧暦を見てみることだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック