次の総理は危機管理能力必要2021/09/04 15:26

菅総理ご苦労様でした。有能な政治家の一人だが危機管理は苦手だったようだ。コロナがなければ名宰相かも?

自民党は次の総理は危機対応能力のある人を選んで欲しい。コロナ危機が終了すればお払い箱になってもよい。世の中が平穏なときには不適格ででもよいのだ。コロナ収束させた名総理として名声は残るだろう。

良い例としてイギリスのチャーチル氏を挙げよう。彼は第二次世界大戦でイギリスを勝利に導いた殊勲の総理だが戦争が終わったら途端に首相の地位を失ったのだ。イギリス国民は戦後の復興を彼に託すことをしなかった。

日本では藤原隆家の例がある。大宰帥として突然の刀伊の入寇撃退に危機管理力が優れていることを示したが眼病の所為もあり中央での活躍はできなかった。

今国民が求めるのは今の緊急事態を終わらせる能力のある総理と思うが。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック