プロ野球終盤戦に入る2022/08/24 15:02

高校野球選手権が終わる頃からプロ野球は終盤戦に入る。現状を考察してみよう。

マジックは消えたもののヤクルトは依然セの首位だ。毎年急激な成長を見せる村上選手が今年は三冠王を狙う好成績である。まだ若いので何回も三冠王に近い成績を残す様な気がする。ヤクルトが優勝すればMVPだろう。

セではDeNAがこのところ好調である。ヤクルトと共にCSは堅いだろう。

阪神、巨人、広島はCSの残り一つを争う状態だ。これからの一寸した好不調が結果に結びつくだろう。

中日は残念ながら今シーズンは終わりだろう。

パの方は西武、ソフトバンク、楽天、オリックスの4チームがCSの座を賭けて争うだろう。優勝がどこかもまだ見当がつきにくい。

ロッテ、日本ハムは今シーズンは終わりだろう。

なお今年はコロナで様子が急変することもありうると思われる。主力選手の感染や流れた試合の消化などまだ不特定要因は多い様だ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック